2011~2015~
2011~2011~
2006~2006~2010
Kyoto-TarotKyotoTarot
PastelPastel
Botanical Botanical

INFO 2016 2015 2014 2013  2012 2011 2010 2009 2008

第27回 パリ国際サロン 展覧会報告


会期 2012年11月23日から25日まで
会場 パリ3,4区 ヴォージュ広場 ギャラリー・ニキ 並びに ギャラリー・デュ・マレにて開催

邦人作家が多数参加の日本作品に重きをおいた新たな展覧に 今回、「降り出した雨」を出品しました。
本展ではOECD日本政府代表、吉川特命大使も駆けつけてくださり その他多くのフランス作家や美術関係者が来会したとのご報告を 受けました。
また、ギャラリー・デュ・マレのオーナー、ポール・フランス・ ルチアニ女子から「ヴォージュ広場はフランス中の作家が熱望する 場所であり、ここで展示するということは非常に大きな意味を持つ。
質の良い作品は国を問わず誰もが理解する。今後もっとこの 展覧会の可能性を広げ、プロの邦人作家を育成していきたい」との 暖かかくも力強いお言葉を頂きました。
この様な場所で展示出来ることの幸せに感謝し、今後の日仏の さらなる親交を切に願うものであります。


                



2012年 サロン・ド・トーヌ展覧会報告


「本年のサロン・ド・トーヌは10月24日から29日までパリ、
シャンゼリゼ大通りプティ・パレからコンコルド間にて昨年にもまして大規模な特設会場で開催された。
広々とした空間の会場内では見応えのあるドトーヌ会員の 作品や海外からの作品、
そして欧州美術クラブから入選した 97作品が6ブースにわたって特別展示された。
連日、多くの美術愛好家やパリ市民、ツーリスト達で賑わい 芸術への関心の高さが感じられた」
欧州美術クラブ広報の報告より

今回、歴史あるサロン・ド・トーヌに初めての入選となり 「花になれ、雲になれ、風になれ」を出品出来ましたことは 大変、光栄なことでした。
後日、送られてきた分厚い作品集 を見て、世界中から集まった これらの作品の中に自分の作品が並べられた事は夢の様です。
フランス審査員の皆様、お世話くださった欧州美術クラブの 皆様に感謝申しあげます。


                



第13回 日本・フランス現代美術世界展


会期・2012年8月8日(水)~19日(日)   
10:00~18:00(入場は17:30まで) 会場・六本木・国立新美術館 (3A展示室)

主催・JIAS日本国際美術家協会 協賛・欧州美術クラブ 後援・在日フランス大使館 / 駐日スペイン大使館   

入場無料

今回、推薦部門に出品いたします。 フランスより、サロン・ドトーヌ会長、ノエル・コレ氏、 副会長、アンドレ・エルヴィオ氏も特別審査員として来日。 サロン・ドトーヌ他、フランス現代画壇新作70点、スペイン、アメリカ、 メキシコなど国際色豊かに展示されます。


                



第21回 全日本アートサロン絵画大賞展 東京展


会期・平成24年2月9日(木)~20日(月)* 14日(火)休館
    午前10時~午後6時* 20日は午後3時まで
 
会場・国立新美術館 展示室1B
    東京都港区六本木7-22-2
    03-6812-9921(会期中)
 
主催・全日本アートサロン絵画大賞展実行委員会、産経新聞社
共催・株式会社サクラクレパス
    株式会社タ―レンスジャパン
後援・文化庁 財団法人教育美術振興会
    全日本画材協会、ニッポン放送 他
 
今回、この絵画展には初めての出展ですが、初心に帰って楽しく描いた
波の絵「ウェーブダンス」を出しました。
ご希望の方には、ご招待券 差し上げますので、コンタクトより
お申込みください。(数に限りがあります)

                



あけまして おめでとうございます 今年も宜しく お願いいたします。
本年が皆様にとりまして 幸多き年となりますように。
今年の最初のお知らせは 新エコールドパリ浮世・絵美術家協会「創立記念展」です。


会期 2012年1月27日(金)~29日(日) 
12:00~18:00 会場 CARATO71(カラート71)
     渋谷区鉢山町13-7 東急東横線代官山駅より徒歩12分、又は渋谷からバスで「鉢山交番前」バス停下車
主催 新エコールドパリ浮世・絵美術家協会
共催 欧州美術クラブ
後援 在日フランス大使館、スペイン大使館
協賛 JIAS日本国際美術家協会
代表 ジャン マリ ザッキ新会長

「新エコールドパリ浮世・絵美術家協会(通称:NEPU)は、2009年フランスにおいて 発足いたしました。現代スーパースター作家が必ずしも活躍しているとは言い難いパリの 画壇の現状を危惧した初代会長ポール・アムビ―ユは「アジアの雄、日本画壇に大きな 期待を抱き、ザッキ、ロジェ・ブイヨ、そして欧美初代代表・馬郡俊文と共に新しい ジャポニズム「浮世・絵」の概念をもって、日本、フランス、果てはニューヨークまで 視野にいれた極めて新鮮な美術団体を創るべく、この協会を立ち上げました。 ここで言う「浮世・絵」とは、絵画技術としての意味合いではなく、「かっての北斎、 広重がゴッホら仏人作家にインスピレーションを与えたように、日本から新たな気運を 広げよう」というより精神的な意味合いを持ちます。 本協会は、2010年「第25回パリ国際サロン」にて本格的に活動をスタートし、 今回は日本での創立記念展となります」

この記念すべき創立記念展に参加出来ます事を 大変、嬉しく思います。 ご案内状 ご希望の方は、コンタクトよりお申込みください。 至急 送らせて頂きます。